家族葬に関わる種類

家族葬に関わる種類 大事な人が亡くなり、お葬式をあげなければいけないときに、いろいろな選択肢が生まれてくるようになりました。多様化してきているというのも、これまでのかたちにこだわり続けることに疑問も持つようになったからといえます。本来は故人を送り出すためのものであり、そこに宗教的な観点が加わっていくことになるでしょう。日本では無宗教ということも増えてきており、檀家であるといったことも少なくなりました。

そうなると、お葬式とは一体なにかといったことにもつながってくるようになります。家族葬といったかたちもおこなわれるようになってきたのは、できるだけコンパクトに送り出してもらうだけでいいと考えるからです。これは何も珍しいことでも変わったことでもなく、自然な流れにあると考えていいでしょう。さまざまな種類も出てきているのは、家族葬といったことがなにか決められたものではないというところにつながります。概念的なものなのであって、かたちを意味しているものではないからです。

種類という部分では、家族だけであげるかたちもありますし、近い関係にある友人もお願いするといったことも出てきます。だれを呼ばなければいけないといったことはなく、コンパクトに収めるといったことになるでしょう。当然家族のみで、親族を呼ばないといった選択も出てきます。決められたかたちも存在しないことから、直葬とも呼ばれる火葬のみをおこなってしまうことも呼べないことはありません。一日葬といったことも種類として含まれてくるでしょう。家族の中で送り出していくといった方法が基本となるのであれば、種類にこだわりがないともいえます。外部の人を呼ばずに一般的なお葬式の流れを守るといった方法もあるため、簡略化することが家族葬の種類というわけでもありません。

最近定着してきた流れとしては、参列者を限定するといったことになるでしょう。それぞれにメリットもあればデメリットもありますし、葬儀社によっては分けて考えることも出てきます。考え方次第で有効に使える場合もあれば、周囲の関係まで考えると選べないといったことも出てくるはずです。

お葬式も種類によって特徴もいろいろと出てくることになるのですから、比較して考えてみることも大切でしょう。形式にこだわるだけが必要なことではありません。最近では遺言で残していくことも出てくるのですから、どんな方法になってくるのか参考にしてみてはいかがでしょうか。

最新ニュース